お菓子みたいな。

今日はどちらかといえば酸味派、酸味系が好き、といったお客さまが続きました。
「お菓子のような味」との声を聴くことが出来て嬉しかったです。
私もお菓子みたいだ、と、よその店で思ったことがあり、それに近づきたいと日々がんばっているもので、そうした声がもっと聴けるようになろう!とパワーを頂きました。
これから秋に向け、浅煎り、中煎り、深煎り、それぞれの中で、より魅力的になる焙煎・抽出を探ってまいります。
また、夏が終わる前に、挑戦したいつめたいコーヒーも仕上げてまいります。

どこまで酸味を引き出すか?

どこまで甘みを留めるか?

どこまで苦味をおさえるか?

コーヒーの味作りは、難しく、毎回緊張します。