7歳になりました。

本日nericafeは8年目に突入します。

交通の便の悪い場所でコーヒー屋を始めました。それでも、離れたところから、豆を買いに、一杯のコーヒーを飲みに、足をはこんで下さるお客さまに恵まれ、今日に至ります。

私のコーヒー歴は浅い。まだ13年くらいです。お客さまの方がコーヒー愛飲歴がずっとはるかに長い場合がほとんどです。
「コーヒーを知りたい!」と豆屋で働く前は、コーヒーは糖分。残業で疲れた身体を癒してくれる甘い飲み物、砂糖を添加した缶コーヒーを駅のホームで頂くのが癒しだった。ファミレスでも甘党ゆえ、酸っぱかったり、苦いのが嫌で、砂糖とミルクは必須でした。

それが、レギュラーコーヒーを飲むように変わったわけで。変われば変わるものであります。当時以上にこのごろは、コーヒーの香りに癒されている自分がいる。飲まなくても、お客さまの豆を挽いたり、お客さまのコーヒーを淹れてるだけでも、うっとりしてしまうこともしばしばです。美味しいコーヒーを作ることは手間がかかり、非常に大変で難しい仕事ですが、甘い香味に励まされ日々続けられています。
コーヒー自体の甘みを操る面白さを感じる自分がいる。このごろは酸味寄りの甘みが気になって、試行錯誤しています。

引き続き、良い意味で変化しながら美味しいコーヒーを探求してゆきたいと思っております。


いつも誠にありがとうございます。

今年は、ちょっとしたサプライズを考えました。
本日コーヒー豆、またはコーヒーをご注文のお客さまに、会計時、先着7名様にささやかなプレゼントをご用意してお待ちしております。

以上お知らせでした。