ビーカーとねじ口瓶


今年はビーカーとねじ口瓶を、より積極的に販売してまいりたいと思っています。
そもそも販売したいと思ったきっかけは、実際に自分で使ってきてみて、「おすすめ出来る!」と感じたからです。

ビーカーは強度。
コーヒーの抽出時はもちろん、料理にも使えます。

ねじ口瓶は利便性。
抽出後、時間が経過しても変質がゆるやかなコーヒー液の保存、携帯に便利。

※→2月か3月に開催計画中の「コーヒーを淹れてみよう会」で、より小さいサイズのねじ口瓶の取り扱いも始める予定です。

理化学用品のリカシツ さんの商品、ビーカーと保存びんの取り扱いを昨年から始めました。
ビーカーは100ML、200ML、300ML、500ML
保存びんは〜250ML、500ML