デミタスフェア!!!


16(金曜)からデミタスフェア!!!いたします。
通常デミタスは、ブラジルのピーベリーまたはエチオピア・ハラーを使用しています。今年はシュトレンとデミタスの組み合わせを推したいと思い、さらにもう2種類、トバコのマンデリンのピーベリーをご用意しました。ジューシィな中煎りとリッチな深煎りです。いずれも数量限定につき、無くなり次第終了です。※喫茶限定

その昔、ピーベリーって美味しいかも?ときっかけになったのはマンデリンでした。とにかくその時出会ったマンデリンは美味しかった。それからハワイコナ、ケニア、タンザニア、グアテマラ、パプア、トラジャ、コスタリカ、ブラジルといろいろなピーベリーを経て、今はブラジル一本化に落ち着きました。

苦いコーヒーが苦手な自分は美味しいコーヒーの丸豆(ピーベリー)を深煎りにした時の甘さがなんだか好きで、今に至ります。見た目がユニークなのも好きな理由です。
ただ単に形が違うだけ、とも言えるかもしれませんが、この丸豆の形ならではの熱の入り方も魅力なのかなとも思います。

シュトレンとデミタス

今年はシュトレンとデミタスの組み合わせをおすすめしています。味わい深いドイツの発酵菓子 シュトレン、喫茶コーナーに登場しています。今年も東大泉Boulangerie bèe(ブーランジェリー ベー)さんのシュトレンをスライスしたものをコーヒーとご一緒にお召し上がりいただけます。

ふつうのコーヒーカップの1/2サイズのカップがデミタスカップです。

nericafeでは、豆を通常より細かく挽き、粉量も多めで、通常より20℃近く低めの湯温で、小さくリメイクしたネルでドリップした濃いめのコーヒーを、湯煎でほんのりと温めてから、デミタスカップに注ぎ、デミタス商品としてお客さまにご提供しております。

口にふくんでから、広がりゆく、コーヒーそのものの奥行や余韻をよりお楽しみいただけるよう、4種類の深煎りの中でも特に甘みが個性的なナチュラル精製のコーヒー、ブラジル ピーベリーまたはエチオピア・ハラーを使っています。
ブラジル
ハラー
飲む方の嗜好に合わせてどちらかをご提案しています。11月中旬には特別商品トバコのマンデリン ピーベリーも数量限定で仲間入りします。

今年はシュトレン&デミタス、ぜひこの組み合わせをお楽しみください。そしてベストマッチを見つけてください。

「デミタスじゃ、すぐ飲みきってしまうし困るよ!」とそんな方は、ふつうのコーヒーやカフェ・オ・レとお楽しみください。おすすめコーヒーは、やはりブラジルとハラー、そしてケニアです。

豆売りお待ちコーナー

店内のご案内です。 こちらはコーヒー豆を買いに来たお客さまが待ち時間にお使い頂くコーナーです。

コーヒー屋の空間をつくることを考えた時、一番先に頭に浮かんだのは、「重くない、暗くない、気難しくない店にしたい」気持ちでした。
こちらは、私が子供の頃によく通っていた大泉図書館の子供コーナーのイメージで作って頂きました。
まるく包まれてる感じが好きで。
ホッとなれる場所になれたら幸いです。

文学は全く関心がなく、読まなかったのですが、高校生位になってから、よく読んでいたのが「・・・になるには」といった職業本と写真が満載の料理本でした。行くたびに知らない情報が頭の中に飛び込んでくるから、図書館で過ごす時間はワクワクがいっぱいでお楽しみでした。大人になってもこれは変わりませんが。

近々本の入れ替えを考えています、お楽しみに。インターネットの時代ですが、ページをめくって読むのはやはり心地好いと想います。本コーナーも、立ち読みで恐縮ですが、お待たせしてしまう時間に是非ご活用いただければ幸いです。

甘い深い話


日曜月曜定休のnericafeです。
きのうは1月から10月の営業を振り返ってました。今年もあと2ヶ月と少しなんですよね。
これから深まる冬に向けて、デミタスの美味しさを、美味しいシュトレンと共にもっとお客さまにお伝えしてゆきたいと思っております。
単に苦いコーヒーと甘い菓子の組み合わせではなく、味わい深い「甘い」のペアリングを、奥行きのある味わいを体験して頂ければ幸いです。
写真はスライスされる前の姿。まっ白くて見てるとスキー場に行きたくなります。
一本買いは、東大泉のBoulangerie bèe(ブーランジェリー ベー)さんで11/1よりお求め頂けます。当店では近日、喫茶コーナーにてコーヒーまたはカフェ・オ・レをご注文のお客さまにスライス販売(*お持ち帰り不可)となります。
*追記*10/30よりシュトレン喫茶販売はじまりました!!!

お子さまとのご来店

「お子さまとのご来店」についてお問い合わせを頂きましたので、投稿いたします。



○騒がず喫茶を楽しめるお子さまであれば、喫茶コーナーもご利用いただけます。(暴れるお子さまや言うことをきかないお子さまは、誠に申し訳ありませんが、営業上の支障や安全面での懸念があるため、ご遠慮ください)。

○1席のご利用につき、1ドリンクのご注文をお願いしています。お子さま専用のメニューはありませんが、牛乳多めのカフェオレはございます。
*食品衛生管理上、飲食物のお持ち込みはご遠慮ください。


店内はせまく、客席数(6席)にも限りがあります。 全てのお客さまに心地よくコーヒーを飲んで頂く時間をお楽しみいただくために、上記の点をご理解いただけますようお願いいたします。

席数は少ないですが、立地的にも満席になるようなことは、非常に少ないです。ですが、稀に混みあうこともあり、このように基本ルールを取り決めさせて頂いております。