イエメンコーヒー

お休みの日に都心までおでかけしてきました。
すると、気になるお店を発見。
そちらはイエメン産のコーヒーが飲めるお店。
テイクアウトスタイルでさっそく一杯いただくと
お口に広がる香りがいい!
外出先でにっこりコーヒーに出会えると、
ほんとうれしいものです。
イエメン産コーヒー豆へのお店の方針など聞いてるうちに
関心は増すばかりで、生豆購買について聞いてみました。
店主さんはただいま収穫時期のイエメンへ出張中
とのことで会えませんでしたが、
近日中に再訪してきたいと思っております。
自分のファーストイエメンコーヒーは
吉祥寺の「もか」さんのブレンドでした。
めちゃくちゃおいしくて衝撃的で、印象的でした。
それからイエメンに注目するようになりました。
しかし、価格が高いためそうしょっちゅうは飲めません。
たしか200gは高くて買えなくて・・100gで売っていただいた
記憶ありです。(笑)
でも飲んだときの満足度はかなり高い。
うちもいつかイエメン豆を販売できる日がやってきますように。

豆売りコーナー

コーヒー豆をお買い求めのお客様用スペースに
椅子が一つ加わりました。
お買いもの時の足休めにご利用ください。
ただいま販売中の焙煎豆。
浅煎りブラジル。
浅煎りタンザニア。
限定ブラジルピーベリー。
でございます。
ご予約も承ります。

コーヒー豆を焼きました!

残りわずかのピーベリーも売れ、
はかり売り用豆、在庫ゼロとなりましたので
豆を焼きました。
浅煎りブラジル、浅煎りタンザニア、限定ブラジルピーベリー
明後日より販売開始です。
写真は、釜入れ待ちのコーヒーマメさんたちです。

アフリカ

アフリカ理解プロジェクトさんの本が届きました。
エチオピアの話、コーヒーの話など満載です。
アフリカつながりで・・・本日はタンザニア豆、選別1時間終わりました!
アフリカ大陸の最高峰、キリマンジャロ。
コーヒーの名前でも有名ですが、
こちらの言葉の意味、ご存じでしょうか?
「キリマ」はスワヒリ語で、「山」。
「ンジャロ」は、「輝く(チャガ語で白→白く輝く)」。
なんだそうです。
言葉の意味を知り、ますます愛着を覚えてしまう今日この頃です。
以上、お客様から教えて頂きました豆知識でした〜。

ただいま販売中のタンザニア豆。
モカ好き派の方やブルマン、キューバなど軽い飲み口がお好みの方に
浅煎り、ご好評いただいております。
軽い味わいがお好みの方は、浅煎りタンザニアを!
マンデリンのようにどっしり深み系をお好みの方は、深煎りタンザニアを!
アジア系とは一味違ったアフリカ系の深みをお楽しみいただけます。
今日も一日頑張りましょう!

ブラジルピーベリーあと2キロ!

日夜せっせと豆選別に励んでおります。
生豆保存セラーの在庫チェックをしましたところ、
選別待ちのブラジルピーベリーが残りあと
ワンパック。
当店では、基本10キロ単位で仕入れまして
到着次第2キロずつアルミパックに小分けしまして
セラーにて保存しております。
というわけで残りあと1パック→2キロとなりました
お知らせでした。
皆さんに飲んでいただきまして、誠にありがとうございます。